早いもので1か月が経ちました・・・

うちのマリブが亡くなってから早くも1ヶ月が経とうとしています。

知らせを聞いてお花をたむけてくださったお客様。

本当にありがとうございました。

中にはお店で涙ぐんで下さる方もいて、もらい泣きしないように私は必死でした。

こんなにみなさんに想ってもらえたマリブも本当に喜んでいると思います(;_;)

一番全盛期の頃のマリブの写真。

やっぱかわいいな~w

親ばかですみません!!w
image

不思議ですが、亡くなった次の日の朝はいつも私の左腕を枕にしていたマリブの温もりで目覚めました。

子犬の頃の写真を見るとまだ涙が出てしまう・・・。

毎日多くの犬たちと接していると、いい意味で忙しくて気が紛れたりもしますが、

みんなのことがますます可愛くて愛おしくなりました❤

限られた時間の中でワンコたちも素敵な時間を過ごして欲しい・・・。

私は動物病院で働いていた経験があります。

沢山の別れも闘病する子たちも見てきました。

虹の橋を渡る前のお別れの時間は本当に悲しいし辛い・・・。

でもみなさん怖がらないで!

最後はみんな大好きな飼い主さんの腕の中で亡くなって欲しいのです。

「苦しんでる姿は見たくない。」そんな風に思う人もいるかもしれないけど一番辛い時ほどそばにいてあげて・・・。

『犬の十戒』の最後にもあるけど、本当にそう思う。

犬の寿命はだいたい15年前後。

そんな限られた短い時間。

飼い主さんはしっかり犬の体調を管理してあげて長生きさせてあげて欲しい。

逆を言えば飼い主さんにしかできないことでもありますからね!!

病院に行くのは最後の手段。

その前にこちらもいろいろ勉強して、病気になりにくい体作りをすることが大切です!

マリブは生涯どこも悪くなかったことは誇りでもあります★

14歳でしたが最後まで自分の歯でごはんも食べることができたし、生涯大きな病気をすることもなく、最後なんて歯石も無麻酔でいい子にとってもらって歯もピカピカなまま亡くなりました。

飼い主側も後悔の残らないように犬を飼いたいですよね。

今後もトリマーというお仕事を通じてみなさんのお手伝いをさせて頂けたら☆

と強く思う今日この頃です:・*。*。。・*

Trimming Salon D-PLACE  *Rily Kimura*

d_place180_40